ベトナム求人を探すなら工業。工業の発展、日本からも注目を浴びる

ベトナムの正式国名はベトナム社会主義共和国で、社会主義国家です。首都は北のハノイで、国土面積は32万km2で、日本の約90%の面積で、そこに9200万人の人が暮らしています。民族構成は、ベトナム族が90%を占め、他に50以上とも言われる少数民族で構成されています。宗教は、仏教徒が80%で、キリスト教が9%で、その他イスラム教やヒンドゥー教等となっています。

ベトナムは、先にも述べた様に社会主義国家ですが、同じく社会主義国家の中国からは歴史的に何度も侵略を受け、現在は南沙諸島問題で険悪な関係となっています。一方で、台湾との関係は、在台湾の外国人中30%がベトナム移民と言う関係にあります。

またベトナム戦争で激しく戦ったアメリカとは2000年には通商協定を締結し、多くの国民も経済向上のためにはアメリカとの関係を緊密にするべきだとして、アメリカの観光客や多くのアメリカ企業の進出を受け入れています。

こうした国際関係の中で、日本との関係は緩やかな同盟関係と評されているほど比較的良好な状態です。ベトナムに対するODAの供与は、日本が最大の支援国であり、タンソンニャット国際空港やカントー橋、ハイヴァントンネルやノイバイ国際空港やニャッタン橋等、基幹インフラの建設支援を続けて来ました。基幹インフラと言ったハード面のみならず、ドイモイ政策に適応した民法等の制定や改定整備と言った法律分野を中心としたソフト面でも日本が大きな役割を担って来ました。

ベトナムは元々は農業国で、コーヒーの生産ではブラジルに次いで世界第2位の位置を占め、また北部の紅河デルタと南部のメコンデルタでは稲作が盛んで、この水田での稲作は生産性も非常に高い状態です。また、鉱業では石炭や南シナ海で採掘される石油の他、スズ等の金属鉱物資源にも恵まれた国です。

そこに、ドイモイ政策以降、積極的に外資を受け入れ、工業分野でも目覚ましい発展を遂げつつあります。日本では、中国に進出した企業が、カントリーリスクの分散の意味から、その一部をベトナムに移す動きも出ており、日本とベトナムの関係は今後益々緊密化する事が期待されています。

ということで、日本人がベトナム求人を探すなら工業分野での経歴がある人なら可能性が高いという事になります。
ベトナム求人サイトを使って求人情報の詳しいところをチェックしましょう。