ベトナムへ移住する前に確認しておきたいコトいくつか

運良くベトナムの現地求人を見つけて仕事も生活もスタートすることになったとしたらいくつか確認しておくことがあります。

ベトナムへの渡航は、海外旅行ではなく引越しになるので手続きや準備に時間がかかります。渡航が決まったらすぐに準備を始めるようにしましょう。まず、ベトナム入国に必要な入国ビザやワークパミットはスーツケースの中に入れずに手荷物として持参しなければいけませんし、パスポートも18歳以上なら10年間有効のものが作れますから、有効期限を確認してベトナム滞在中に切れてしまうことが無いように更新したり新規に取り直しておきましょう。他にも、自宅や自動車をどうするのか、役所への海外転出手続きなども早めに済ませておきましょう。

ベトナムは東南アジアの国なので、人々の体型などは日本人と大きく異なるわけではないため、衣類は現地で調達しても良いでしょう。日本のように春夏秋冬がはっきりしているわけではなく、年間を通して温かい気候なので、ダウンジャケットのような防寒具は必要ありません。室内で寒い時にサッと羽織れるカーディガンやセーターなどで十分です。

ベトナムの食生活は日本のように米をよく食べますし、日本人や中国人などのアジア人も多く生活しているので、現地で日本の食材も比較的調達しやすくなっています。日本から持参するなら、炊飯器のような小型家電はあると便利かもしれませんね。ベトナムにも小型家電はありますが、日本のように最新式ではないので、現在使っている小型家電を引っ越し荷物として持参すると良いでしょう。その際には、変圧器も忘れずに持参するようにしましょう。

引越しして現地の生活に慣れてくれば、ベトナム内でかかりつけの病院を見つけることはもちろんできます。しかし、その前に体調を崩してしまい、どこでどんな薬を買ったらよいか分からない場合に備えて、風邪薬や胃腸薬などは持参したほうが良いかもしれません。現地の食事の中には食べ慣れていないためにお腹を壊してしまう食材などもあるかもしれません。万が一のために普段の見慣れている薬は少し多めに持っていきましょう。